労働局について(概要)

このページのトップに戻る

 

        北海道労働局は、働く環境の整備、職業の安定、男女の均等な雇用の確保等、職業生

    活全般にわたる総合的な行政サービスを展開しています。

 

        主な任務は、労働相談受理や労働基準法等の監督指導、司法事件の捜査、災害調査、

         労働災害防止、最低賃金に関する業務、労働災害補償、職業紹介、職業指導、雇用保険

         に関する業務、男女均等取扱対策、セクシャルハラスメント対策、育児・介護休業等に関

         する業務を行っています。

 

  • 面積

     北海道の総面積は、78,421平方キロ(北方4島を含むと83,457平方キロ)で日本全土の

    約20%を占め、東北地方に新潟県を加えた7県の合計面積にほぼ匹敵する広さとなって

    います。

 

  • 人口

     北海道の人口は、平成25年12月末現在で、約5,441,621人(住民基本台帳人口による)

    であり、全国総人口の約4%に当たります。

     また、道内人口は、道央圏(石狩、後志、空知、胆振、日高)に約6割が集中し、そのうち

    半分以上(全道の約4割)が札幌圏に集中しています。

    (主な市の人口:札幌市~約192万人、函館市~約27万人、旭川市~約35万人、

               釧路市~約18万人)

 

  •  管轄行政区域と組織

     北海道労働局は北海道全域を管轄しており、平成26年4月1日現在で、35市、129町、15

    村の179市町村から成っています。管内には道の総合出先機関(地方自治法上の支庁)と

    して、9総合振興局及び5振興局が設置されています。

     北海道労働局の組織は、労働局、16労働基準監督署、1支署、22公共職業安定所、8出

    張所及び8分室で組織されています。

20150623aedbana.png中小企業を経営されている方へ2015811sutoresu.jpgあかるい職場応援団

ハローワークサービス憲章 ホットライン.png厚労省人事労務マガジン東日本.png

北海道労働局 〒060-8566  北海道札幌市北区北8西2-1-1 札幌第1合同庁舎3・8・9F

Copyright(c)2000-2014 Hokkaido Labor Bureau.All rights reserved.